劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シンガソン | main | 稽古ぐつ >>

すぎてゆくもの

ないからうつくしい。
桜は散り始めて、緑がエネルギッシュにバトンタッチ。

もうないからうつくしい。
綺麗でしたね、桜。いや、綺麗だったろう。

桜を愛する日本人は、いつまでたっても変わらない。
松尾芭蕉も後鳥羽上皇も、桜を見ていたんですね。

…でも、私は桜よりもエネルギッシュな葉っぱが好きです!
聞こえてきませんか?彼らの声が!

「やっほーい!今から夏が始まるぜ!見上げてごらん!緑一色!下を見てごらん!影までもが葉っぱの模様!待ってるんだ。セミが目覚めるのを!」

頼もしい限りです。早く会いたいですね、騒がしいのに泣き虫なセミに。
稽古見学会も最終日!早く会いたいですね、エネルギッシュでフレッシュなキミに!
- | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

季節があるって素敵なことだね。
しかも緑一色っていうのが役満級ですね。

年度代わりにちょうど花をつけるから、
誰かと初めて出会ったとき、そして別れたときの記憶が
そのとき咲いていた桜とともに刻み込まれ、
見るたびに淡く切なく儚くどこか懐かしい情感を
抱かせるのだと思います。

ただ、タイトルがさくら系ならヒットするだろみたいな
最近のJ-POP界の安易な流れは嫌いです。
はらた | 2007/04/21 11:34 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES