劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アドルフ』役者紹介:柏倉肇 | main | 12月公演 『Help!』 >>

『アドルフ』役者紹介:森本葵衣

劇団木霊2017年本公演

『アドルフ』

役者インタビュー

 

 

劇団木霊64期(2016年入団)

森本葵衣

 

――よろしくお願いします。まず、新入生の時に「劇団木霊」を選んだ理由を教えて下さい!

 

最終的には直感です。たまにされる質問でその度になんて答えようか迷います。舞台上での体力や筋力がないことが自分の大きな課題で、そこに自信をつけられる場所を探していました。また、自分の中の面白いっていう感覚とか将来像とか、そういうものに悪い疑問を持たなかったことが決め手です。

 

 

――直感って大事ですよね。では演劇を始めて、変わったことはありましたか?

 

しいていうなら、自己ブランディングの意識です。

 

 

――「ブランディング」…なんかカッコいいですね。次に今回の本公演『アドルフ』について聞きたいと思います。稽古場はどんな感じですか?

 

素敵な意味で先輩方との壁がないんです。あと、月並みな言葉を使うと個性が溢れすぎています。笑いの絶えない現場ですが、みんな、物凄く物凄く考えています。

 

 

――脚本を読んでの感想はどうでしたか?

 

句読点やト書きに熱量を感じました。緻密で計算高いです。

 

 

――宮澤さんの脚本には、「凡例」として脚本中にある記号の意図が丁寧に書かれていますよね。では、原作『アドルフ』と比べるとどうでしょう?

 

私の役柄を含め小説には存在しない人間が登場するし、加えて原作のキャラクターが小説よりも鮮やかに自分の人生を生きている。そんな中でたまたま8人が舞台上で物語を紡ぐわけですが、それが全てではなくて。自分の知らないところで誰かと誰かが影響しあっている感覚。チェーホフのかもめに似た、一種の群像的な部分が私は大好きです。

 

 

――今回の役について、どう思いましたか?

 

以前、自分の役を一言で言うと?ってきかれた時に、『女』って答えたんです。この演劇を観に来て下さった方にはそれがどういう風にうつるのかわかりませんが。彼女の原動力は紛れもなく愛ですが、私にはそんな彼女の心の底に眠っている矛盾が見えました。そんな子です。

 

 

――ズバリ!どんな演劇になりそうですか?

 

現代ミヤザワヤマト派演劇。パッションの形って必ずしも1つじゃないんだなって、そんなことを実感しています。

 

 

――昨年の本公演と比べると、どうでしょう?

 

まだ団員ではありませんでしたが、私にとって去年が青だとすれば今回は深い赤色。大和さんは凄くクリアで優しいをしているのに、作品は深くて濃厚。

 

 

――作・演出の宮澤大和さんはどんなひとですか?

 

とても丁寧で目を見て話してくださる人。カレーをよく食べています。誰かがカレーを食べていると、決まって一口欲しがります。

 

 

――最後に、最も思い出に残る恋愛経験を教えて下さい!

 

私、ひとりでいることが好きで、休日は誰とも喋らないでいることが幸せだし、面倒だと思ってしまう。それって私が凄く周りに愛して貰っていて孤独じゃないからなんだって気がついたんですけど。でも、そんな私が1人の人に恋をして執着してしまうっていうのは、本当に本当に特別なことなんだなって思います。

 

 

|予約はこちらから!|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

劇団木霊

2017年本公演

 

『アドルフ』

 

 

此処だろうが 何処だろうが

わたしには同じことなのです――

 

フランス恋愛小説の最高峰『アドルフ』を大胆にアレンジ。

 

変わる人。変わらない人。変われない人。

変わることは進むことか。進むことは退くことか。

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

 

|脚本・演出|宮澤大和

 

 

|原案|コンスタン

 

 

|出演|

岡ありさ、柏倉肇、川村瑞樹、佐藤鈴奈、武村理子、広瀬匠馬、森本葵衣、山田和弘

 

 

|日時|

520()14:0019:00

521()14:0019:00

522()19:00

523()17:00

 

6ステージ

 

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前です。

 

 

|会場|

劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈講堂裏)

 

(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ

(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8

(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10

 

詳しいアクセスはコチラ

http://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168

 

|料金|

 一般|1000

学生 |500

新入生・高校生以下|無料

 

 

|予約|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

 

|スタッフ|

演出助手|本田百音、小野紘史

演出補佐|小倉詩歩、菊池鴻良

舞台監督|酒井萌々子

舞台監督補佐|名原僚造

美術|柳瀬真凜

美術補佐|田尻祥子、安元悦理佳、増田美羽、丸山怜音、南谷風太、柏倉肇、川村瑞樹

音響|大隅ことみ

音響操作|井上友理

照明|堀田ゆり

照明操作|南谷風太

照明補佐|岡ありさ、岸本有斐

衣装|安元悦理佳

衣装補佐|井田遥、増田美羽、丸山怜音、酒井萌々子

制作|岸本有斐

制作補佐|小池彩水、武村理子

宣伝美術|小野紘史

宣伝美術補佐|井上友理

WEB|森本葵衣

パンフレット|村元今日子、本田百音

 

 

|公演情報|

公演特設HP→

http://gekidankodama.com/stage/adolphe/index.html

 

Twitter→@adolphe_kodama

 

 

|お問い合わせ|

080-1631-5838(制作)

adolphe.kodama@gmail.com

 

 

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES