劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アドルフ』役者紹介:山田和弘 | main | 『アドルフ』役者紹介:佐藤鈴奈 >>

『アドルフ』役者紹介:川村瑞樹

劇団木霊2017年本公演

『アドルフ』

役者インタビュー

 

 

劇団木霊63期(2015年入団)

川村瑞樹

 

――よろしくお願いします。まずは、数ある演劇サークルのなかで「劇団木霊」を選んだ理由を教えて下さい!

 

ギリギリまで知り合いや友達のいる他劇団に入ろうか迷っていました。

でもやっぱり舞台に立つ時の身体づくりをゼロから始めたいと思ったし、一回しか行かなかったお試し稽古で同期同士が自主的にフィードバックする空気や一人一人をきちんと見てくれる旧人の目があると感じた印象が残ってて、最終的には自分が成長できそうだと思った直感を頼りに入った気がします。

 

 

――身体づくりというと、木霊に入る新入生は夏に身体訓練期間がありますもんね。では演劇を始めて、変わったことはありましたか?

 

気付いたら演劇をしていたのでそれよりも前から何かが変わったかとかはあまり感じた事がない。でも、演劇をしていなかったら、人っておもしろいなとか思ったり、物事を偏屈に考える事は無かったんだろうなと思います。めんどくさい人になっている気がする。

 

 

――次に今回の本公演『アドルフ』について聞きたいと思います。稽古場はどんな感じですか?

 

なんだか今まで体感したことの無い雰囲気が漂ってます。なんだろうな。何故か分からないけど客演をしている気分です。

 

 

――脚本を読んでの感想はどうでしたか?

 

私以外の人は配役が発表される前に誰がどの役か本を読んで大体予想できたと言っていたが、私はなぜだろうか全く想像が出来ませんでした。そうゆう脚本でした。誰がどの役になってもあり得そうだし、逆にあり得なさそうでもあったし。なので実際の配役を知った時は驚きと納得と半々という感じでした。

 

 

――原作『アドルフ』と比べるとどうでしょう?

 

原作はひたすらに一人称で描かれている作品なので、これがどうなるのか、と思っていたら、随分と色々な角度で予想外のところから話が盛り込まれていました。でものその広がった視野の中にも沢山の感情や人生があって、こうやって広げていったら話は無限に繋がっていくもので、面白いです。

 

 

――今回の役について、どう思いましたか?

 

原作には出てこない役です。自分の許せない部分や現状を環境のせいにしてしまう時ってあるよな、と思いつつ、そんな自分を更に正当化しようとするイイジマのセリフは痛々しい時もあるけど、そこにイイジマへの愛を感じます。

作者がこの作品に加えたい要素で、原作には無い要素を担っている役なのだろうなと感じつつ考え過ぎずにやっています。

 

 

――ズバリ!どんな演劇になりそうですか?

 

大和さんみたいな演劇

 

 

――昨年の本公演と比べると、どうでしょう?

 

色々な変化を実感しています。良い変化も悪い変化も。1年前と同じ時期に同じ場所で同じ人の元で、去年とは違う人達と稽古をして気づくことはとても多いです。この気付きを昇華して体現させる事がとても難しい。

 

 

――作・演出の宮澤大和はどんなひとですか?

 

『アドルフ』みたいな人

面白いしミステリアスだし欲張りだし、良い意味で。

 

 

――最後に、最も思い出に残る恋愛経験を教えて下さい!

 

好きだった人に彼女が出来た事をクリスマスの日に知って、スティービーワンダーの曲を泣きながら聞き、マジでクリスマス死ねって思った思い出。悪かった事の方が覚えてる気がする。

 

 

 

|予約はこちらから!|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

劇団木霊

2017年本公演

 

『アドルフ』

 

 

此処だろうが 何処だろうが

わたしには同じことなのです――

 

フランス恋愛小説の最高峰『アドルフ』を大胆にアレンジ。

 

変わる人。変わらない人。変われない人。

変わることは進むことか。進むことは退くことか。

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

 

|脚本・演出|宮澤大和

 

 

|原案|コンスタン

 

 

|出演|

岡ありさ、柏倉肇、川村瑞樹、佐藤鈴奈、武村理子、広瀬匠馬、森本葵衣、山田和弘

 

 

|日時|

520()14:0019:00

521()14:0019:00

522()19:00

523()17:00

 

6ステージ

 

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前です。

 

 

|会場|

劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈講堂裏)

 

(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ

(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8

(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10

 

詳しいアクセスはコチラ

http://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168

 

|料金|

 一般|1000

学生 |500

新入生・高校生以下|無料

 

 

|予約|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

 

|スタッフ|

演出助手|本田百音、小野紘史

演出補佐|小倉詩歩、菊池鴻良

舞台監督|酒井萌々子

舞台監督補佐|名原僚造

美術|柳瀬真凜

美術補佐|田尻祥子、安元悦理佳、増田美羽、丸山怜音、南谷風太、柏倉肇、川村瑞樹

音響|大隅ことみ

音響操作|井上友理

照明|堀田ゆり

照明操作|南谷風太

照明補佐|岡ありさ、岸本有斐

衣装|安元悦理佳

衣装補佐|井田遥、増田美羽、丸山怜音、酒井萌々子

制作|岸本有斐

制作補佐|小池彩水、武村理子

宣伝美術|小野紘史

宣伝美術補佐|井上友理

WEB|森本葵衣

パンフレット|村元今日子、本田百音

 

 

|公演情報|

公演特設HP→

http://gekidankodama.com/stage/adolphe/index.html

 

Twitter→@adolphe_kodama

 

 

|お問い合わせ|

080-1631-5838(制作)

adolphe.kodama@gmail.com

 

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES