劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アドルフ』役者紹介:岡ありさ | main | 『アドルフ』役者紹介:川村瑞樹 >>

『アドルフ』役者紹介:山田和弘

劇団木霊2017年本公演

『アドルフ』

役者インタビュー

 

 

劇団個人主義(2015年入団)

山田和弘

 

――よろしくお願いします。今回山田さんは他団体からの参加ですが、どういった経緯があったのでしょうか?

 

ぼくは千葉大学の演劇サークルに所属しているのですが、作・演出の大和さんも同じく所属しており、声をかけていただいたのがきっかけです。

 

 

――では演劇を始めて、変わったことはありましたか?

 

日常生活で起きる、演劇っぽい瞬間がよく目につくようになりました。例えば、場の空気がシラけたときに絶妙なタイミングで物が落ちる、みたいな。そういう時、あぁ、劇的な瞬間だったなぁって思って、フフッてなります。

 

 

――次に今回の本公演『アドルフ』について聞きたいと思います。稽古場はどんな感じですか?

 

明るく、楽しくやりながらも、一歩一歩確実に進んでいる、そんな稽古場だと思います。結構壁にぶつかることも多かったですが、このメンバーだったから乗り越えられたのかなと思います。

 

 

――脚本を読んでの感想はどうでしたか?

 

原作が小説だからでしょうが、小説を読んでいる気分でした。派手さは少ないものの、読者をググッと引き寄せるものがあり、これをどう舞台として立ち上げていくのだろうか、と楽しみに思いました。それと同時に、その難しさも感じました。

 

 

――原作『アドルフ』と比べるとどうでしょう?

 

「アドルフ」の世界観を演劇を通してより見やすいものなったように思います。小説を読むのが苦手な人でも楽しめるのではないでしょうか。

 

 

――今回の役について、どう思いましたか?

 

フィリップという役は原作ではあまりスポットの当たらない登場人物だったので、どのような人物にするか迷いました。また、年齢も性格も自分から比較的遠かったので、ここ最近の公演で1番悩みました。

 

 

――ズバリ!どんな演劇になりそうですか?

 

まだ稽古途中なのでわかりませんが、派手なことをしてお客さんを引き込むのではなく、今目の前で起きてることに思わず見入ってしまう、そういう舞台になると思います。というかそういう舞台にしたいですね。

 

 

――普段は他団体で活動している山田さんから見て、木霊の公演はどういったものでしたか?

 

やはり身体表現が特徴的ですね。周りが慣れているぶん、合わせるのにとても苦労しましたが、新鮮な体験になったと思います。

 

 

――作・演出の宮澤大和はどんなひとですか?

 

小さな発見を大事にする人で、そこから演出をよく変えていく人です。誰かに何か伝えるときもすぐに言葉を発しません。丁寧に言葉を選んで、自分たちが真に理解できるように説明してくれます。足並み揃えて一緒に進んでくれる、信頼できる人です。

 

 

――最後に、最も思い出に残る恋愛経験を教えて下さい!

 

笑い話という意味で1番思い出に残っているのは、中学2年生の時の話ですかね。ある先輩から、メールで告白されました。僕は付き合うとかそういう気がなかったので「ありがとうございます。とても嬉しいです。」とだけ返し、関係性は変わらないことを伝えてその日は終わりました。翌日、後輩たちが盛り上がっており、どうしたのか尋ねると、「山田先輩って○○先輩(告白してきた人)に告白したんですよね」と言われました。逆だよ、と言っても信じてもらえませんでした。どうやらデマを流されたようでした。どうしてそんなことをしたのかわからいし、人間って怖いなと思いました。以上です。

 

 

 

|予約はこちらから!|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

劇団木霊

2017年本公演

 

『アドルフ』

 

 

此処だろうが 何処だろうが

わたしには同じことなのです――

 

フランス恋愛小説の最高峰『アドルフ』を大胆にアレンジ。

 

変わる人。変わらない人。変われない人。

変わることは進むことか。進むことは退くことか。

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

 

|脚本・演出|宮澤大和

 

 

|原案|コンスタン

 

 

|出演|

岡ありさ、柏倉肇、川村瑞樹、佐藤鈴奈、武村理子、広瀬匠馬、森本葵衣、山田和弘

 

 

|日時|

520()14:0019:00

521()14:0019:00

522()19:00

523()17:00

 

6ステージ

 

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前です。

 

 

|会場|

劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈講堂裏)

 

(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ

(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8

(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10

 

詳しいアクセスはコチラ

http://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168

 

|料金|

 一般|1000

学生 |500

新入生・高校生以下|無料

 

 

|予約|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

 

|スタッフ|

演出助手|本田百音、小野紘史

演出補佐|小倉詩歩、菊池鴻良

舞台監督|酒井萌々子

舞台監督補佐|名原僚造

美術|柳瀬真凜

美術補佐|田尻祥子、安元悦理佳、増田美羽、丸山怜音、南谷風太、柏倉肇、川村瑞樹

音響|大隅ことみ

音響操作|井上友理

照明|堀田ゆり

照明操作|南谷風太

照明補佐|岡ありさ、岸本有斐

衣装|安元悦理佳

衣装補佐|井田遥、増田美羽、丸山怜音、酒井萌々子

制作|岸本有斐

制作補佐|小池彩水、武村理子

宣伝美術|小野紘史

宣伝美術補佐|井上友理

WEB|森本葵衣

パンフレット|村元今日子、本田百音

 

 

|公演情報|

公演特設HP→

http://gekidankodama.com/stage/adolphe/index.html

 

Twitter→@adolphe_kodama

 

 

|お問い合わせ|

080-1631-5838(制作)

adolphe.kodama@gmail.com

 

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES