劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アドルフ』役者紹介:武村理子 | main | 『アドルフ』役者紹介:岡ありさ >>

『アドルフ』役者紹介:広瀬匠馬

劇団木霊2017年本公演

『アドルフ』

役者インタビュー

 

 

劇団木霊62期(2014年入団)

広瀬匠馬

 

 

――よろしくお願いします!早稲田大学には多くの演劇サークルがありますが、新入生の頃、「劇団木霊」を選んだキッカケを教えて下さい!

 

他の人と違って胸を張って言えるほどの理由っていうのはほんとなくて、、写真撮ろうかなとか、釣りを始めるのもいいかなとか思ってみたり、果敢にトライアスロンに挑んでみようかとも考えてみたんですけど、結局木霊のお試し稽古など行ってみてその時の旧人さんにかっこよさを感じたからだと、、今はもう漠然としてですがそんな感じです。

 

 

――そうだったんですね!演劇を始めて、何か変わったことはありますか?

 

変わってません。自分知ってる人はみんな変わってなさそうって言うと思います。当たりです。

 

 

――次に、2017年本公演のお話を聞きたいと思います。稽古場はどうですか?

 

個性豊かです。全くもってキャラが被ることを心配する必要がありません。日々是逆立ちの練習に邁進する人がいたり、いつ見ても菓子類ばっかり食べてる人がいたり。

 

 

――脚本はどうでしょう?

 

これまた個性豊かな、一筋縄ではいかない色んな人が出てきて、そしてその全員が決して強い人間ではないです。その決して強い訳ではない人たちがその中で自分にできる最善を尽くそうともがいています。自分にとってはとってもリアルに感じる部分が多くて、だから、この脚本は大好きです。ただ、原作とこのお話は全然違います。原作はアドルフという主人公をひたすらに通して恋愛を書いていますが、このお話は色んな人を介して、色んな形の恋愛を書いています。なので、一層普遍的なものになっているんじゃないかなと思ってます。

 

 

――最も思い出に残っている恋愛経験を教えて下さい!

 

僕、恋をしてから相手に想いを告げるその一歩を踏み出すのがとてつもなくできない人なんです。まぁ、チキンで。今回の自分の役にも同じように思っていることを言えない部分があって、だから一回大和にこれ当て書きなのかって聞いたことあったんです。それは違うって言われましたけど。

 

 

――どんな役なのか気になります。役について教えてもらえますか?

 

自分の役は主人公アドルフの父親です。もちろん、僕は父親になったことはないので、その部分は頭でしか分からないです。ただこの父親が息子のことを愛しているってことは確かに分かります。愛していればこそ、悩みます。この人も決して強くはないです。だから自分はこの役にとてもいとおしさを感じてしまってます。

 

 

――先ほどお話にあがりました作・演出の宮澤大和さんはどんなひとですか?

 

同期なので、もう長いです。去年の役者インタビューでたからも言っていたのですが、彼特有の色があります。僕の中では水みたいな、透明で、決してビビッドではなくて、優しい色です。

 

 

――昨年の本公演『喩えばウラシマ()』の作・演出も宮澤さんでしたね。去年と今回の『アドルフ』を比べて、何か違う点等ありますか?

 

去年とテイストはまるで違います。去年が感覚に訴えるとしたら、今回は一人一人の経験に訴える作品かなと。

 

 

――ズバリ!どんな演劇になりそうですか?!

 

コミカルなシーンもあれば、ズシンとしたシーンもあります。あんな人がいれば、こんな人もいます。なので、見ていたただいた人に共感してもらえる箇所が全部じゃなくても、必ず少しはあるんじゃないかな、あればな、って感じです。

 

 

 

 

|予約はこちらから!|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

劇団木霊

2017年本公演

 

『アドルフ』

 

 

此処だろうが 何処だろうが

わたしには同じことなのです――

 

フランス恋愛小説の最高峰『アドルフ』を大胆にアレンジ。

 

変わる人。変わらない人。変われない人。

変わることは進むことか。進むことは退くことか。

 

▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥ ▦ ▧ ▤ ▥

 

 

|脚本・演出|宮澤大和

 

 

|原案|コンスタン

 

 

|出演|

岡ありさ、柏倉肇、川村瑞樹、佐藤鈴奈、武村理子、広瀬匠馬、森本葵衣、山田和弘

 

 

|日時|

520()14:0019:00

521()14:0019:00

522()19:00

523()17:00

 

6ステージ

 

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前です。

 

 

|会場|

劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈講堂裏)

 

(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ

(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8

(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10

 

詳しいアクセスはコチラ

http://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168

 

|料金|

 一般|1000

学生 |500

新入生・高校生以下|無料

 

 

|予約|

https://ticket.corich.jp/apply/81626/

 

 

|スタッフ|

演出助手|本田百音、小野紘史

演出補佐|小倉詩歩、菊池鴻良

舞台監督|酒井萌々子

舞台監督補佐|名原僚造

美術|柳瀬真凜

美術補佐|田尻祥子、安元悦理佳、増田美羽、丸山怜音、南谷風太、柏倉肇、川村瑞樹

音響|大隅ことみ

音響操作|井上友理

照明|堀田ゆり

照明操作|南谷風太

照明補佐|岡ありさ、岸本有斐

衣装|安元悦理佳

衣装補佐|井田遥、増田美羽、丸山怜音、酒井萌々子

制作|岸本有斐

制作補佐|小池彩水、武村理子

宣伝美術|小野紘史

宣伝美術補佐|井上友理

WEB|森本葵衣

パンフレット|村元今日子、本田百音

 

 

|公演情報|

公演特設HP→

http://gekidankodama.com/stage/adolphe/index.html

 

Twitter→@adolphe_kodama

 

 

|お問い合わせ|

080-1631-5838(制作)

adolphe.kodama@gmail.com

 

 

 

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES