劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 役者紹介三人目 高久瑛理子 | main | 役者紹介五人目 村元今日子 >>

役者紹介四人目 丸山怜音


 

 

 

こんにちは。64期ももこです。

 

 

 

12月企画公演も近づいてまいりました。もう予約はお済みでしょうか?

 

 

 

まだの方はぜひ、予約してみてください!

 

 

さて、私の独断と偏見による役者紹介も四人目です。役者紹介というか分析になってしまってますが...。本当に独断と偏見でごめんなさい!

 

 

 

 

 

役者紹介四人目は丸山怜音!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

か〜〜〜わいい〜〜〜〜〜!!!!!

 

もぐもぐしてるれいね超かわいいですね。変なTシャツも似合っています。身内褒めてすみません。

 

 

 

今回も彼女の可愛らしさと、女の子らしさがとても際立つ役回りです。かわいいだけじゃない彼女の佇まいも注目です。

 

 

 

 

 

彼女をひと言で表すなら、

 

 

 

 

 

自分のやりたいことをまっすぐ見据えて、まっしぐら!キャピルンルン!

 

 

 

 

 

といった感じ。

 

 

 

 

 

れいねは女の子がたくさんいる同期の中でも、一番女の子らしい子です。

 

 

 

 

 

そしてかなしいかな、64期イチのトラブルメーカー、というか空気クラッシャーでもあります。ひょえ〜〜

 

 

 

 

 

彼女が動けば、言葉を発すれば、何かが起こる。

 

 

言いたいこと、なんでも言っちゃう。だってそうなんだもん☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだよね〜〜〜〜〜〜〜わかるよおおお〜〜〜〜〜〜ん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

容姿からは想像もつかないほどの切れ味で人をぶった斬っていきます。

 

 

 

 

 

女の子の集団で、はっきりということが必要、みたいな問題とは別に、

 

 

 

 

 

「わかるけど、うん、いやわかるけどさ?んーっと、それ今言っちゃう?今それ本人の目の前で言っちゃう?おろろ?」

 

 

 

 

 

っていう、言っちゃダメなことってあるじゃないですか?いや、あるんですよ。たぶん。知らないですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その言っちゃダメなことを率先して言っちゃうのがれいねです†

 

 

 

 

 

 

 

そういうのはだいたい同期皆さらっと流せるんですけど、たまーに一触即発ムードになってしまう時があります。ピヨピヨ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピリッ!と謎の電流が流れるというか、私がいつも頭の中で思っているままに表現すると、

 

 

 

「†すげぇやべぇ空気†」になる瞬間がたまにあるんですが、

 

 

 

 

 

れいねは「†すげぇやべぇ空気†製造機」であり、それに伴って同期内で「†すげぇやべぇ空気†清浄機」が生まれたりします。

 

 

 

 

 

 

 

何してんの?女の子ってほんと、意味わかんない☆

 

大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女のいいところであり、もちろんよくない方に作用することもあるんですが、何よりも言えるのは、

 

 

 

 

 

自分の感情にまっすぐで、素直な子であるということです。

 

 

 

 

 

そのまっすぐさを持っている人はなかなかいないし、持っていてもなかなか出せないと思うんですが、なんの迷いもなく進んでいく。

 

 

 

 

 

そんな彼女のことを、私はやっぱりとっても愛らしいと思います。

 

 

 

 

 

初めて話した時に、センサーが働いて「あ、この子ずぇったい女の子の友達少ないな」と思った自由奔放キャラですが、憎めない。なんだか嫌いになれない。

 

 

 

 

 

 

 

そんな強さと愛嬌を持った女の子です。

 

 

 

 

 

正直者で、たまにダイナミックな日本語の使い方をするおばかさんな部分もありますが、そんなところも魅力に出来てしまう、引力のある子です。

 

 

 

 

 

 

 

結局こういう女の子を好きになってしまうんですよね。なんの話ですか。ダイナミックな日本語ってなんですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだいっても大好きです。

 

 

 

もう母親のような気持ちで見てしまう。

 

 

 

いつもお腹ぺこぺこで、ねーお腹すいたーねーねーと甘えてくるれいね、紛れもなく可愛い。愛くるしい。

 

 

 

 

 

他人に対する言い方はとても厳しいですが、自分に対しても厳しい目を持っているからこそ、同じ熱量で人に向かっているんだと思います。

 

 

 

 

 

人のことを全力で信じているから、ぶつかっていける。

 

 

 

普通の人なら面倒くさいと思って伝えるのを避けてしまうようなことも、ためらわずに伝えられる。

 

 

 

 

 

きっと人が好きだからこそ、ストイックだからこそ、高め合おうとしてくれるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

まぁ、本人は全く気にせず今日も元気にむしゃむしゃわせ弁を食べているんですが...†

 

 

 

 

 

もう、許しちゃう。もうれいねが楽しそうならいいです。

 

(皆に言ってますが)

 

 

 

 

 

 

 

そんなとっとこピヨ太郎なれいねは、少し幼くて、でもとても強い女の子です。

 

 

 

 

 

 

 

どうかそのままでいてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそ。やっぱりもうすこしまろやかな言い方を心がけましょう。

 

 

 

 

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。じゃないですね。れいね泣いちゃう。

 

 

 

 

 

今回、そんなまっすぐなれいねの真っ正面からのお芝居、ぜひ見に来てください。

 

そしてキュンキュンしに来てください。

 

ご予約お待ちしております!

 

 

丸山怜音専用予約フォーム

 

 

http://ticket.corich.jp/apply/79145/009/

 

 

 

………………………………………………………………

 

 

 

劇団木霊

 

2016年12企画公演「鏡」

 

 

 

 

 

誰かを自分の手で救い出したかった。この手で、きみを助けたかった。

 

 

 

地下室にいた君の「声」を、聴きたかった。

 

 

 

あなたが「コレ」を受け入れるのなら、「コレ」はあなたのすべてを赦す。

 

 

 

あなたが心から望むものを見つけたとき、「コレ」はあなたの心を映し出す。

 

 

 

── あなたの今は、あなたが望んだもの、なんでしょう? ──

 

 

 

………………………………………………………………

 

 

 

 

 

|脚本・演出|名原僚造

 

 

 

|出演|

 

柏倉肇  佐藤鈴奈  高久瑛理子  丸山怜音 村元今日子

 

 

 

|日時|

 

2016年 12月

 

16日(金) 19:00〜

 

17日(土) 19:00〜

 

18日(日) 14:00〜/19:00〜

 

19日(月) 19:00〜

 

 

 

全5ステージ

 

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前です。

 

 

 

|会場|

 

劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈講堂裏)

 

 

 

(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ

 

(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8分

 

(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10分

 

 

 

詳しいアクセスはコチラ

 

→ http://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168

 

 

 

|料金| 無料(フリーカンパ制)

 

 

 

|予約|

 

https://ticket.corich.jp/apply/79145/

 

 

 

|スタッフ|

 

演出補佐|森本葵衣、奥彩耶香、本田百音、岡ありさ、小倉詩歩

 

舞台監督|井田遥

 

舞台監督補佐|小池彩水

 

音響|小西建大

 

音響操作|大隅ことみ、井上友理

 

音響補佐|谷脇南美、盖弃様子

 

照明|岡ありさ

 

照明プラン|岸本有斐、堀内優璃

 

照明操作|南谷風太、堀田ゆり

 

舞台|田尻祥子

 

舞台補佐|カワムラ、柳瀬真凜、井田遥、小野紘史、南谷風太、堀田ゆり、安元悦理佳

 

衣装|安元悦理佳

 

衣装補佐|増田美羽、井田遥

 

宣伝美術|小野紘史

 

宣伝美術補佐|酒井萌々子

 

制作|岸本有斐

 

制作補佐|酒井萌々子、小池彩水、武村理子

 

WEB|村元今日子、井上友理

 

広報|酒井萌々子

 

 

 

|公演情報|

 

公演特設HP→http://gekidankodama.com/stage/mirror/index.html

 

 

 

Twitter→@kodama_mirror

 

 

 

Facebook→ https://m.facebook.com/gekidankodama/

 

 

 

|お問い合わせ|

 

080-1631-5838

 

gekidankodama.kagami@gmail.com (制作)

 

 

 

 



 

 

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES