劇団木霊 稽古場日記

劇団木霊に所属する団員によるブログです。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 役者紹介二人目 佐藤鈴奈 | main | 役者紹介四人目 丸山怜音 >>

役者紹介三人目 高久瑛理子

 

こんにちは。64期ももこです。


パン食べすぎて目に見えて太りました。

 

更新いそげ!!!チケット予約も急いでください!!!

 

役者紹介三人目は、高久瑛理子!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えりこは、今回、初めてご覧になる方も、新人公演をご覧いただいた方も、驚かれるような役どころです。

 


ずばり、今回のえりこは、「妖艶さ」がキーワード。

 

 

新人公演では田舎者の小学生の女の子を演じた彼女、今回も見どころがたくさんです。えっ、そんなことしちゃうの…!?

ぜひアトリエにて!

 

 


最近の漫画で「持つ者」と「持たざる者」の対比を描いたりするような作品、よくありますよね。すごいかっちょいー言い方をしてしまいました。


これにならった言い方をすれば、えりこは「持つ者」だと思います。

 

 

あいまいな表現ですが、見た人が悔しくなるような何かを、無意識に持っているということに近いと思います。

 

 


えりこは普段、下駄を履いて生活しています。

 


この一文のインパクトたるや。

一つの例を挙げたに過ぎませんが、時代に自ら乗っていない、というか、彼女はどこか浮世離れした存在だと思っています。

 


SNSもあまり使わないし、大学生によくある一種の「慣れ」が全くありません。

 


それを自覚してやっている部分と、無意識な部分とが、混在しているような印象を受けます。

 


彼女とは、新人公演を終えた頃から、話すようになりました。

 

 

彼女と私は、違う世界を生きているような気がしていていました。

ですが、実際真面目な話をしてみると、とても通ずる部分があります。

 

それは、好奇心が強いこと。

 


えりこは、女の子の群れの中にいても、女子同士によくある一瞬の空気の歪みなんかを、気にせずただそこにいる人、いても違和感のない人です。

 

 

「人に対して興味が無い」と本人は表現しますが、その人に興味が無いのではなく、一人一人に対して真正面から向き合っている人で、他の人からのマイナス面の影響を受けにくいのかなと見ていて思います。

 


好きなことや気になることにはまっすぐで、知らないことを恐れない人です。

 

 

どういう本が好き?おすすめの映画は無い?といつも人に聞いています。

 

私自身もいろんなことをまだまだ知らないので人にすすめられるのが好きで、えりこと好きだと思った作品の話をしたりするのが大好きです。

 

 

演劇に対する姿勢はストイックで見習わなければいけない部分がたくさんある、かっこいい同期です。

 


女子校出身ながら、幼い頃から女の子のグループ制度にどうしても馴染めなかったという話をした時に、理解をしてくれたのがとっても嬉しかったです。

 

人にどう思われようと、自分の中の核を信じて進んでいくえりこ、人として尊敬しています。

 

そんな個人的な思い入れもあってすんごく真面目な紹介になってしまいました...

 


セクシーなえりこ見に来てください!!!!!!エロいよ!!!!!

 

http://ticket.corich.jp/apply/79145/019/

………………………………………………………………

劇団木霊
2016年12企画公演「鏡」


誰かを自分の手で救い出したかった。この手で、きみを助けたかった。

地下室にいた君の「声」を、聴きたかった。

あなたが「コレ」を受け入れるのなら、「コレ」はあなたのすべてを赦す。

あなたが心から望むものを見つけたとき、「コレ」はあなたの心を映し出す。

── あなたの今は、あなたが望んだもの、なんでしょう? ──

………………………………………………………………


|脚本・演出|名原僚造

|出演|
柏倉肇  佐藤鈴奈  高久瑛理子  丸山怜音 村元今日子

|日時|
2016年 12月
16日(金) 19:00〜
17日(土) 19:00〜
18日(日) 14:00〜/19:00〜
19日(月) 19:00〜

全5ステージ
※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前です。

|会場|
劇団木霊アトリエ(早稲田大学大隈講堂裏)

(1)JR山手線高田馬場駅より都営バス早大正門行き 終点 「早大正門」下車すぐ
(2)地下鉄東西線早稲田駅より徒歩8分
(3)都電荒川線早稲田駅より徒歩10分

詳しいアクセスはコチラ
→ http://blog.gekidankodama.com/?eid=1428168

|料金| 無料(フリーカンパ制)

|予約|
https://ticket.corich.jp/apply/79145/

|スタッフ|
演出補佐|森本葵衣、奥彩耶香、本田百音、岡ありさ、小倉詩歩
舞台監督|井田遥
舞台監督補佐|小池彩水
音響|小西建大
音響操作|大隅ことみ、井上友理
音響補佐|谷脇南美、盖弃様子
照明|岡ありさ
照明プラン|岸本有斐、堀内優璃
照明操作|南谷風太、堀田ゆり
舞台|田尻祥子
舞台補佐|カワムラ、柳瀬真凜、井田遥、小野紘史、南谷風太、堀田ゆり、安元悦理佳
衣装|安元悦理佳
衣装補佐|増田美羽、井田遥
宣伝美術|小野紘史
宣伝美術補佐|酒井萌々子
制作|岸本有斐
制作補佐|酒井萌々子、小池彩水、武村理子
WEB|村元今日子、井上友理
広報|酒井萌々子

|公演情報|
公演特設HP→http://gekidankodama.com/stage/mirror/index.html

Twitter→@kodama_mirror

Facebook→ https://m.facebook.com/gekidankodama/

|お問い合わせ|
080-1631-5838
gekidankodama.kagami@gmail.com (制作)

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES